FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.11
Sat
思ったんですけど、sqlについてもapacheについてもubuntuのカテで書くのっておかしいですよねw

だけどMySQLについてのメモ。


■userでログインする

mysql -u user -p


■データベース一覧

show databases;



■databseを使う

use database;



■テーブル一覧

show tables;



■tableのフィールド一覧

show fields from table;



■value1 , value2という項目をもつテーブルを作る

create table table_name(value1 text , value2 text);



■上記のテーブルに値を入れる。(レコードを作る)

insert into table_name(value1 , value2) values("atai1" , "atai2")



■テーブルからvalue1という項目で、atai1のやつを削除

delete from table_name where value1="atai1";


whereってのは条件を表して、他にもいろいろ使えるみたい


■selectを使う。

例えば以下の様なフィールドを持つテーブル、TEST_TABLEに対して、
+-------+---------+------+-----+---------+-------+
| Field | Type    | Null | Key | Default | Extra |
+-------+---------+------+-----+---------+-------+
| id    | int(11) | YES  |     | NULL    |       |
| name  | text    | YES  |     | NULL    |       |
+-------+---------+------+-----+---------+-------+


select id from TEST_TABLE where name="hoge";


これでhogeというnameをもつidを取り出すことができます。

またフィールド名を指定するとこに*を書くと、すべての項目から取り出せます。


■TABLE_NAMEというテーブルの削除

drop table TABLE_NAME;



■grantでユーザの権限設定。

ここのサイト様が詳しかったです!
http://linux.kororo.jp/cont/server/mysql_user.php
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
02.11
Sat
apacheの.htaccessでUAを見てアクセスの制限をかける方法について。

こんばんは。Ubuntuについてカテを作っていたのをすっかり忘れていたので、

最近は適当なネタでUbuntuカテの記事数を埋めたいと思ってます。

では早速。ZmEuというUser-Agentと仮定して。


SetEnvIf User-Agent "ZmEu" drop

order allow,deny
allow from all
deny from env=drop


まぁこれでForbiddenになるはずです。

他にもたとえばMSIEという文字列を含むUAのユーザを締め出したいなら、さっきのに追加して、


SetEnvIf User-Agent "ZmEu" drop
SetEnvIf User-Agent "MSIE" drop

order allow,deny
allow from all
deny from env=drop



非常に簡単に適当に解説しますと、

基本的には全員allowだけど(アクセスできるけど)envがdropな奴らは締め出すよ!的な感じです。はい

ちなみに.htaccessは、そのファイルがあるディレクトリ以下のファイルが対象となります。

では~
comment 0 trackback 0
02.10
Fri
iptablesでパケットフィルタリング。

例えば192.168.1.1からのパケットを全部捨てるようにする。

iptables -t filter -A INPUT -p all -s 192.168.1.1 -j DROP


これで、上記のipからのパケットはプロトコルに関わらずすべてDROPされる


と、思う。
comment 0 trackback 0
02.08
Wed
■grandchild failed with exit status 127

というcronのエラーはたぶんコマンドがnot foundになっている。

■再起動等行うときは、rootの方のcronのファイルを編集しなきゃだめ。まぁそりゃそうか。
comment 1 trackback 0
02.08
Wed
crontabを初めて使ってみるテスト。

こいつを使えばいろいろ定時に実行してくれるわけですね。

とりあえず、毎回朝方に再起動をかけてみることにする。

$ crontab -e


これで好きなエディターの番号を入力して選ぶ。vimを選んだ

以下のようなファイルが開く

# Edit this file to introduce tasks to be run by cron.
#
# Each task to run has to be defined through a single line
# indicating with different fields when the task will be run
# and what command to run for the task
#
# To define the time you can provide concrete values for
# minute (m), hour (h), day of month (dom), month (mon),
# and day of week (dow) or use '*' in these fields (for 'any').#
# Notice that tasks will be started based on the cron's system
# daemon's notion of time and timezones.
#
# Output of the crontab jobs (including errors) is sent through
# email to the user the crontab file belongs to (unless redirected).
#
# For example, you can run a backup of all your user accounts
# at 5 a.m every week with:
# 0 5 * * 1 tar -zcf /var/backups/home.tgz /home/
#
# For more information see the manual pages of crontab(5) and cron(8)
#
# m h  dom mon dow   command


書式は上記みたいに
分 時間 日 月 曜日 command って感じでいいのかな。

ってことで、ファイルの末尾に

0 04 * * * shutdown -r now


と書いて:wqした。

これで明日の朝に勝手に再起動してくれますよね??
comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。