FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.11
Sat
思ったんですけど、sqlについてもapacheについてもubuntuのカテで書くのっておかしいですよねw

だけどMySQLについてのメモ。


■userでログインする

mysql -u user -p


■データベース一覧

show databases;



■databseを使う

use database;



■テーブル一覧

show tables;



■tableのフィールド一覧

show fields from table;



■value1 , value2という項目をもつテーブルを作る

create table table_name(value1 text , value2 text);



■上記のテーブルに値を入れる。(レコードを作る)

insert into table_name(value1 , value2) values("atai1" , "atai2")



■テーブルからvalue1という項目で、atai1のやつを削除

delete from table_name where value1="atai1";


whereってのは条件を表して、他にもいろいろ使えるみたい


■selectを使う。

例えば以下の様なフィールドを持つテーブル、TEST_TABLEに対して、
+-------+---------+------+-----+---------+-------+
| Field | Type    | Null | Key | Default | Extra |
+-------+---------+------+-----+---------+-------+
| id    | int(11) | YES  |     | NULL    |       |
| name  | text    | YES  |     | NULL    |       |
+-------+---------+------+-----+---------+-------+


select id from TEST_TABLE where name="hoge";


これでhogeというnameをもつidを取り出すことができます。

またフィールド名を指定するとこに*を書くと、すべての項目から取り出せます。


■TABLE_NAMEというテーブルの削除

drop table TABLE_NAME;



■grantでユーザの権限設定。

ここのサイト様が詳しかったです!
http://linux.kororo.jp/cont/server/mysql_user.php
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://telracsmoratori.blog.fc2.com/tb.php/90-fba613df
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。